あなたが信じる道を進んでいい

おはようございます!亀井弘喜です。

快晴の霧島です。
 
今日も朝6:30からライブ配信をして、午前中は鹿児島市内に移動してシータヒーリング応用コースの2日目を教えてきます。

 
今日のメルマガです。

どうぞご覧ください。

↓↓↓

□■□―――――――――――――

◉今日のテーマ:

「相手のペースで気づくまで待てるかどうか」

□■□—————————————

アランのコーチングの講座での
Dailyレッスンにこのような話がありました。

Aさんという女性クライアントがいました。

Aさんは、不健全なパートナーシップを
続けていました。

あるグループでそのことをシェアしたとき
アランは本来の平和に戻る道を
Aさんに示しました。

Aさんは、

「わかりました。
 もう彼とのパートナーシップは
 終わりにします」

と言って帰って行きました。

また次の月、同じグループで、
Aさんはアランや他参加者にシェアしました。

「やっぱり彼が運命の相手だって
 わかったの!今はとても幸せよ。」

アランはどう見てもそうは思えなかった
そうなのですが、

本人が自分のタイミングで気づくのが
最善なのだろうと思い直して、

「それは良かったですね。」

と笑顔で返しました。

◇◇◇

それ以降も、毎月、あるいは毎日のように
Aさんの「幸せ」と「不幸せ」は
ジェットコースターのように
行ったり来たりしていました。

そしてとうとう数年経ったある日、
また同じグループでこうシェアするのです。

「やっぱり彼とは別れることにしたの。
 だって、彼との恋愛は不健全なものだって
 わかったから!」

◇◇◇

アランは、心の中で、

「それをずっと伝えてきたのだけど…。」

と思いつつも、

相手のタイミングで気づくことの最善さを
思い直して、改めてみんなで祝福したというのです。

◇◇◇

僕は、これと似たような体験を
たくさんしてきました。

講師業あるあるなのかもしれません。

講師やメンターというのは、
参加者・生徒には見えていないことが、
先に見えていることがあります。

危ない障害が先に見えているものだから、
その回避を進めたり、
もっと良い道を示したりします。

それでも参加者・生徒というのは、
その危ない障害に突っ込んでいったり
することがあるのです。

そうして傷ついた参加者・生徒に対して、

「だから言わんこっちゃない」

というような残念な気持ちに
苛まれることが以前の僕にもありました。

でも、そんな気持ちを持ってしまえば、
相手も自分も何か損なわれた感覚に
なってしまうことでしょう。

◇◇◇

「その人が気づいたタイミングが
 ベストなタイミング」

今では僕はそう捉えるように
なりました。

なんでも先回りして、
うまくいく方法をするのが
人生ではないからです。

うまくいかないなりに、
一生懸命取り組んでみる。

そうして身も心もボロボロに
なったときに、

初めて「教え」や「気づき」は
身に染みてわかることがあるのです。

◇◇◇

「あなたが気づいたタイミングが
 ベストなタイミング」

他人が何と言おうと、

場合によっては
メンターが何と言おうと、

あなたが信じる道を
進んでいいのです。

うまくいかなかったら、
そのとき気づいて、改善すれば
人生は必ず開けていくのですから。

 

◇◆◇◆◇◆

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

素晴らしい1日をお過ごしください。

 

亀井弘喜

 

<最新のイベント一覧はこちら>

▷【亀塾9期 金曜コース(zoom)】【2021年5月7日(金)AM10:00-12:00スタート!】

https://resast.jp/events/549734

 

◉その他のイベントはこちらから
https://smart.reservestock.jp/event_form/event_calendar/562