昭和の大富豪が貧乏時代に始めた2つの習慣

おはようございます。
亀井弘喜です。

動画配信のお知らせです。
【YouTube配信】
◉12/24(日))AM6:00-6:30かめちゃんの簡単15分朝ヨガライフLIVE配信はこちら

https://youtube.com/live/sxcChv2gsGY?feature=share

◉12/24(日)AM6:30-7:00ライフコーチかめちゃんLIVE配信はこちら

https://youtube.com/live/sPDnw_HRQN8?feature=share

◉12/24(日)AM7:00-7:15プレミア動画配信はこちら

【まさか】痴漢被害を繰り返す人の衝撃の理由
https://youtu.be/tDmUTZp7uR0
(8分43秒)

先日更新のアメブロです。

「ライフコーチではなく行政書士として起業します」
https://ameblo.jp/hkamei1978/entry-12833416946.html

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

↓↓↓

□■□——————————
今日の近況シェア:
□■□——————————

12月23日(土)22:36
霧島の自宅にて

今日は鹿児島市内の
ホテルで

AM6:00-6:15
ヨガライブ

AM6:30-7:15
トークライブ

AM7:15-7:30
セミナー動画公開

AM7:30-9:00
トークライブ編集
ショート動画撮影&編集&アップ

AM9:00-15:00
センターピース61期中級
最終講

15:30-16:30
個人セッション

16:30-20:00
レンタカー借りて
霧島市役所でパスポート
受け取りからの

鹿児島空港まで
車で移動

夜ご飯食べて
愛ちゃん・レオくん
お迎えに行って
霧島に戻って
お風呂に入って今

という流れだ。

最近読んだ本の中に
本多静六さんという
方の「私の財産告白」
という本がある。

どんな貧しい人でも
ここに書いてあることを
実践すれば
豊かになれる。

そんな素晴らしき
習慣と原理原則が
記された本だった。

本多さんが
富豪になるまで
実践したことは大きく2つ。

1つは
収入の1/4を
手をつけない貯金にすること。

そしてもう1つは
1日1ページ本を書くこと
だったそうだ。

これを実践し続けた結果
生涯で数百冊にわたる
著書を書いたという本多さん。

さらに成した財産は
すべて寄付をしたという。

思えば僕も成功の道を
歩み始めたのは
1日1通のメルマガを書くと
心に決めた2015年10月からだ。

それ以来
毎日書いているときは
人生やビジネスの調子が良くて

毎日書けていないときは
人生やビジネスの調子が悪い。

どうやら人生の成功の鍵は
「毎日コツコツ続ける」
ことにあるようだ。

あなたは何を
コツコツ続けるだろうか。

意欲のある方は
コール&レスポンスで
返信をいただけたら
幸いである。

□■□——————————
今日の学び:
親を嫌いだという受講生
□■□——————————

ある日の
センターピース
中級コースにて。

参加者の女性(Aさんとします)は
親のことを好きではないと
発言しました。

「親のことをみじんも
好きではない。」

これは多くの人が
経験する感情なのでは
ないでしょうか。

でも最終的には

「親のことを大好き」

という場所に
帰ってきます。

自分のことを産んでくれた母や
育ててくれた父のことを
どうやら子どもというのは
「無条件に好き」なようなのです。

これは遺伝レベルで
決まっていること
なのかもしれません。

どれだけひどいことを
されても

嫌いになることが
できない相手。

それが「親」であり
「自分自身」だと
いうことになるでしょう。

だから自分を
嫌いになることというのは

一時的にはできるけど
永続的に嫌うことは難しい。

親のことも同様に
一時的に嫌うことはできるけど
永続的に嫌うことは難しい。

仮に永続的に嫌うことが
できたとしても

人生の出来事によって
引き戻されるのです。

冒頭のAさんは
Oリングを取って
潜在意識の反応を
取ってみると

親のことを100%好きだ
という結果が返ってきました。

Aさんは、信じられない
という表情をしていました。

僕は彼女に言いました。

 

親のことを100%好きだ
ということは今の時点では
受け入れられないかもしれないし
受け入れなくてもいい。

 ただ、仮説として受け入れて
実験してみて欲しいんだよね。

 親のことを100%好きだとしたら
自分はどうしたいんだろう?

 親のことを100%好きだとしたら
自分はどう生きる?

 親のことを100%好きだとしたら
親に何をして欲しい?
何て言って欲しい?

 って。

 仮説として受け入れたところから
人生は変わることがあるんだよ。

 

彼女は静かに

「仮説ということなら
 受け入れてみます。」

と言いました。

 

他の参加者から
拍手で祝福さていました。

これからAさんの人生が
どう変わっていくのかは
誰にもわかりません。

でも昨日のあの仮説を
受け入れた瞬間が
ターニングポイントになったと
僕は思っています。

 


 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

亀井 弘喜

 

次の記事

うまくいった後が大事