世界各地の大雨情報を見て初動を早くしよう

おはようございます。
亀井弘喜です。

昨夜公開のTikTokです。
「変わりたいと言う人が本当に欲しい言葉とは?」
https://www.tiktok.com/@lifecoach_kamechan/video/7263799210816900360

YouTubeチャンネルが
まだ停止中のため
今朝もインスタライブをします。


https://www.instagram.com/hiroki_kamei_/

今朝は早朝品川から
大阪に移動のため
AM7:00〜7:15くらいで
やります。

 

先日更新のアメブロです。

奇跡の再会
https://ameblo.jp/hkamei1978/entry-12814063437.html

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。
↓↓↓

□■□——————————
2040さん対談振り返り
「世界各地の大雨情報を
見て初動を早くしよう」
□■□——————————

8月5日(土)23:05
品川のホテルにて

二ヶ月滞在した
オークウッド横浜を
退去しました。

愛車も鹿児島へ
陸送手配でお見送りして

これで本当に
「東京を離れる」
が完了した感じです。

もう僕には
東京の家はなく
東京での仕事の予定もなく
東京に車もなくなりました。

横浜の馬車道に
新しくマンションを
借りてはいますが

なんとなくそこは
そんなに長くないような
気もしています。

YouTubeを見ると
テレビニュースの
北京の大雨・洪水情報が
流れていました。

例えばこれです。

「中国 豪雨で20人死亡
北京周辺58万人超が被災
(2023年8月2日)」
https://www.youtube.com/watch?v=hF__qTvQG48

中国の首都北京で
58万人が被災している。

そしてお隣韓国でも

「韓国 大雨で40人死亡
9人不明 なぜ地下道で
“惨事”に…“人災”批判の声も
(2023年7月17日)」
https://www.youtube.com/watch?v=BXfU7j_NdHU&t=1s

テレビや新聞を
見なくなった弊害の1つで
僕はこれらのニュースに
疎くなっていました。

オランダでも謎の嵐が
7月に来ていたことを
今日知りました。

「過去最悪の“夏の嵐”
オランダを直撃

世界の平均気温3日連続で
過去最高(2023年7月7日)」

https://www.youtube.com/watch?v=mPY8-XqIowU

不安を煽りたいわけでは
ないのですが

天気予報的にも
沖縄の台風的にも
2040さんのLINEでも

東京(関東)の
水害はどうやら
来週末あたりにやってきそうな
雰囲気です。

何事も初動が大事です。

ワクチンのときと同様
興味もない家族に
「逃げろ」と呼びかけるのは
得策ではないと思いますが

僕は
東京にお住まいの
読者の方には

「初動を早く」
ということを
呼びかけ続けたいと
思っています。

実際には何も起こらず
僕が狼少年になり
杞憂に終わるのなら
それが一番でもあります。

2040さんは対談で

「世界で起きてることを
 見れば日本がどうなるかも
 想像つくと思うんですけどね」

と言っていました。

僕はその意味を
8/1の雷雨と
先にあげたようなYouTubeの
ニュースを見て

初めて実感できました。
来週末にかけては
大雨情報をウォッチして
シェアしたいと思います。

□■□——————————
今日の学び:
「終わりを意識すると
今がありがたくなる」
□■□——————————

まだ鹿児島で
ヨガスタジオを
経営していた頃の話です。

その日は2年以上
勤めてくれた
インストラクターが

辞めてしまう前の
最後のレッスンでした。

そのインストラクターの
先生の希望と事情で
辞めることになったのですが

最後のレッスンということで
たくさんの生徒さんが
かけつけたようで

お花やプレゼントなども
もらっていたようでした。

僕も、お花を持って
駆けつけました。

その先生は感激して
泣いていました。

一時的に
終わりにはなるけれど
僕はその先生に伝えました。

「いつでも戻ってきてね。
○○さんには、永久シード権を
プレゼントするよ。」

その先生は嬉しそうに

「ほんとに?
じゃあまた
必ず戻ってくるね」

と言って
去っていきました。

人生どんなことにも
必ず終わりがやってきます。

それはときに
残酷なようでも
あるけれど

終わりを意識することで
「今」が素晴らしいものに
変わる魔法のようでも
あります。

世界の終わりという
バンドのコンセプトが
僕の脳裏によぎりました。

このメルマガもいつか
終わりを迎えます。

そう考えると
1通1通大事にしたいと
思えるし

どの1通もこうして
交流できることが

奇跡のように思えて
感謝の気持ちが
湧いてくるのでした。

***

今日も最後まで
読んでくださって
ありがとうございました。

素晴らしい1日を
お過ごしください。

亀井弘喜