2040さん語録「実際に行ってみればわかります」を体感した4日間

おはようございます。
亀井弘喜です。

今朝は早朝6:55に
日本到着の便で帰国するため
動画配信はお休みさせていただきます。

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

□■□—————————————
今日の近況シェア
□■□—————————————

今は2月1日(木)
タイ時間21:07
日本時間23:07

バンコクの空港の
ラウンジから書いている。

月曜日から出発した
タイ・ゴルフ合宿も
今日で最終日を終えて

このあと23:15タイ発
AM6:55日本着の便で
帰るのみだ。

「実際に行ってみれば
 わかります」

2040さんは
よくそう言っている。

今回のタイ・パタヤでの
4日間のゴルフバカンスは
それを体感することが
多々あった。

例えばパタヤは
バンコクに程近い
ビーチリゾートと
されているが

実際には大気汚染の
影響なのか青い空は
4日間の間見えなかった。

白くモヤがかかったような
感じの空であり
ずっと曇っている
かのようだった。

愛ちゃんは原因不明の
喉痛になっていたが
これは空気の影響が
大きいような気がする。

同じタイでも
北部にあるチェンマイは
空気がきれいで空も青い。

実際にチェンマイに
4度訪れたことのある僕は
チェンマイは移住しても
いいとすら思える
素晴らしい場所で

パタヤは
今世もういいかなと
思えるような空気の場所だった。

これも「実際に行った」
からわかったことだ。

これを日本に置き換えると
どうだろうか。

例えば東京の空は
2023年3月〜5月
白かったことを覚えている。

横浜に移住すると
空が青く感じられて
呼吸がしやすくなったし

霧島の家に戻ると
信じられないくらい
美しい星空に囲まれ

朝もさわやかな空気と
本当に綺麗な青空に
感動した。

それでも
パタヤの人たちは
たくましく生きていた。

笑顔を忘れずに
楽しそうに働いている人や

マッサージや
夜のお店で客引きをする
たくましい女性たち

道端で
幼い子供二人連れて
路上で物乞いをしている
女性もいたし

怪しい葉巻のような
ものを吸って
大声を出している
西洋人もいた。

車の多さと
空気の汚さに思わず
顔をしかめてしまいそうに
なるのを堪えて

映る景色と
映る人たちを
フラットな気持ちで
眺めてみた。

みんな本来は
自分の人生の
創造主だとしたら。

この人たちは
これを望んで
体験しにきたのだろう。

そして僕は
僕の人生を望んで
体験しにきたのだ。

そう思えたら
タイ人も海外の人も
みんな自分で設定を決めて

ログインゲームを
楽しんでいる主人公の
ように思えるから
不思議なものだ。

そして12月から
2ヶ月間にんじん・りんご
・生姜・レモンジュースを
飲み続けて

きれいになった
僕の胃腸はこの4日間で
ボロボロになった。

1日1度の健康な
お通じはなくなり
4日間ずっと

何かに当たったかの
ようなお腹の苦しさに
付きまとわれた。
(それは今も続いている)

チャーハンが好きなのだが
どうもタイのチャーハンは
油が多いようだ。

それに使われている
油や調味料も
どんなものなのか
わからない。

それでも
こうしてジャンキーな
ものもたくさん触れて

人間らしさも
取り戻して

再び日本での
にんじん・りんご・
生姜・レモン
生活に戻していこうと思う。

そしていよいよ
今月から本格的な
バカンス月間に
突入でもある。

2〜4月の
僕のテーマは

「生まれ変わり」

だ。

サッカーの
イギリスの強豪チーム
リヴァプールの
名称クロップ監督が
退任を発表した。

その際に使った言葉が
「エネルギーが尽きた」
というものだった。

僕も2019年にYouTubeを
始めてからずっと
休みなく走り続けてきた
5年間がある。

とくに直近の3年間は
年間セミナー開催回数は
370回を超えていた。

知らない間に疲れは溜まり
エネルギーは限界に
近づいていたのだろう。

ちょうどいいタイミングで
2月〜4月のバカンスを
迎えることになる。

(2月中旬まではセミナーも
予定しておりそれは
当然今まで通り
100%の熱量で行うが)

その始まりとして
素晴らしい体験だった
タイ・パタヤ滞在だった。

***

最後まで読んでくれて
ありがとうございました。

今日も素晴らしい1日を
お過ごしください。

亀井 弘喜