コンサルになります

おはようございます。
亀井弘喜です。

今日の動画配信です。
◉12/13(水)AM6:00-6:15 朝ヨガライブ
https://youtube.com/live/7kZQfNXTMUc?feature=share

◉12/13(水)AM6:30-7:00 朝トークライブ
https://youtube.com/live/arhfb21UYD0?feature=share

◉12/13(水)AM7:00-7:15 セミナー動画
「【知らなきゃ損】価値を世の中に広める方程式」
↓(15分2秒)
https://youtu.be/6389W5mm1U8

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

↓↓↓

□■□—————————————
今日の近況シェア
□■□—————————————

12/12(火)21:15
品川から名古屋に向かう新幹線にて

今日は朝から
メンターの犬飼ターボさんの
センターピース中級に参加してきた。

その感想や模様は
今朝公開のブログに綴った。
https://ameblo.jp/hkamei1978/entry-12832109649.html

ブログに書いたこととは
別に

今日印象的だったのは
センターピース同期の
男性経営者2名の相談に
乗った場面。

2人とも僕の
フィードバックを聞いて
感嘆の声をあげていた。

1名は
2011年にセンターピース
受講したときの同期の男性で
整体を経営している方で

「かめちゃん本当に
すごくなったんだね〜」

と承認してくれた。

またもう1名は
年商5億の会社を
経営する経営者だったが

心から解放されたような
笑顔が印象的だった。

僕はセミナー講師力が
この数年で飛躍的に
高まったと感じている。

それは圧倒的な
場数によるものだが

実はそれに比類するだけ
懇親会に参加していて

懇親会の席でも
多数の受講生から
質問や相談を
受け続けてきた。

それは1,000本ノックの
ように自分の講師力や
コンサル力を
高めてくれていたことに
今日改めて気づいたのだった。

2月から4月の沖縄滞在期間は
できるだけコンサルの機会を
多く持ちたいと思った。

それは今の僕の
コンサルが価値を
持ったと心から感じた
からだ。

何よりも僕は
コンサルやフィードバックした
あとの相手の顔が

ほっとゆるんだり
希望を持ったり
爆笑したり

そういう瞬間が
とても好きだと
いうことにも気づいた。

2024年は
コンサルとしての
活動をもっともっと
増やしていくことを
決意した1日だった。

□■□—————————————
感情的になっているときは、判断を控える
□■□—————————————

ある日の経営者コンサルで
僕がクライアントに伝えた
メッセージ。

それが、

「感情的になっているときは
判断を控えよう」

ということでした。

感情的になっているとき
多くの場合、興奮状態や
緊張状態になっています。

とくに「怒り」の感情は
興奮状態が強くて

その状態では
とてもじゃないけど
冷静な判断はできません。

「怒り」は他人に
向いているときもあれば
自分に向いているときも
あります。

僕はこれをゴルフで
よく感じるのです。

ゴルフのラウンド中に
うまくいかないことがあると
自分への怒りとして感情が
湧いてきます。

そしてその状態で
ショットをすると
必ずミスをするのです。

そのミスに対してまた怒る。

怒るから、次のショットも
うまくいかない。

という無限ループに
ハマってしまいます。

経営や人生で言えば
感情的になっているときに
次の行動をすると

またうまくいかない
というパターンに
ハマってしまうこと
でしょう。

ではどうしたらいいのか?

アプローチは
色々あると思いますが

とりあえず
「その状態で重要な
判断はしない」

というのが鉄則です。

事業で言えば
従業員やスタッフとの揉め事が
起きているときに

その事業自体の撤退や
新規進出などは
判断を控える。

まずはその揉め事について
自分自身が冷静になってから
判断をする。

冷静になってから
問うべきは
「自分自身の怖れ」です。

「一体、自分は
何をそんなに怖れて
いるんだろう?」

怖れの正体さえ
明らかになれば
危ないことは起きません。

怖れを得体の知れない
物体として「見て見ぬ振り」
をしたり

「先送り」をし続けていると
その怖れの世界が
現実化してしまうのです。

もう一度まとめます。

 

感情的になっているときは
重要な判断は控えること。

そういうときは
第三者に相談して
冷静になってから
判断すること。

そうすれば
あなたの人生は
本来の方向に
導かれるのです。

***

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

亀井 弘喜