Information

YouTube
開催中セミナー
お客様の声
Amebaブログ

メルマガ

今日からメキシコへ行ってきます

2024年2月24日

メルマガ
おはようございます。
亀井弘喜です。

ーーーーーーーーーーー
今日の近況シェア
ーーーーーーーーーーー

2月23日(金)21:16
福岡から羽田に向かう機中にて

久しぶりに乗った
スカイマークは満席。

でもなぜか僕の横だけ
空いていてそれだけでも
仕事はしやすくなる。

連日花粉症の症状が辛い。
とくに朝が辛い。

ライブ配信がないと
調子が上がらないのは
配信側の僕も同じだ。

2月24日(土)〜3/1(金)
までのメキシコ滞在で
できる限り早く復活して
また毎日ライブ配信をしたい。

◉2月23日(金)日報
AM7:00 起床
AM8:00-9:30 鹿児島→博多
AM9:30-10:30 博多駅で仕事
AM10:30-11:30 都ホテルでお茶
12:00-18:00 ライフコーチマスター講座43期博多最終講
18:00-19:00 懇親会
19:00-20:00 博多→福岡空港
20:00-22:00 福岡→羽田(イマココ)

◉2月24日(土)日報予定
※鼻が詰まってるかわからないので
起床時間・ライブ時間は未定です

AM10:00-10:30 中井塾中井先生とのzoom
AM10:30-12:30 愛ちゃん・レオくんと家で過ごす
13:14-14:32 渋谷→成田空港
14:32-16:50 出国&搭乗手続き
16:50-29:05(翌朝5:05)
メキシコ時間
2月24日(土)14:05 メキシコシティ到着

起きれた場合は
以下のリンクで動画配信をします。

動画配信のお知らせです。
【YouTube配信】
◉2/24(土)AM6:00-6:20かめちゃんの簡単ヨガライフLIVE配信はこちら

https://youtube.com/live/Ww7J15IQyE8

◉2/24(土)AM6:30-7:00ライフコーチかめちゃんLIVE配信はこちら

https://youtube.com/live/CDg6QQBvMR4?feature=share

◉2/24(土)AM7:00-7:15プレミア動画配信はこちら

【危険です】仕事がつらいのに辞めずに続けた人の末路【お話会コーチングLIVE切り抜き】
https://youtu.be/tK60yle_q1Y
(4分51秒)

先日更新のアメブロです。

理想の1日
https://ameblo.jp/hkamei1978/entry-12841524376.html

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

↓↓↓

□■□—————————————
今日の学び:
執着を捨てる唯一の方法
□■□—————————————

<執着を捨てる方法>

僕はヨガをインド人の
師匠たちから学びました。

でも実質的な先生は
マスミさんという
日本人の女性です。
(写真手前の方です)

2013年10月
タイの山奥のアシュラム
(修行場)に着いたとき、
彼女と初めて出会いました。

今日は彼女から学んだことを
シェアしたいと思います。

□■□—————————————

「あなた方が、家を持ちたい、
車を買いたい、結婚したい、
子どもが欲しい、というのは
すべて執着です。

それら執着をすべて
捨ててください。」

2013年10月。

タイのチェンライで
行われたシヴァナンダヨガのTTC。
(インストラクター養成講座)

修行が始まって数日経った頃
インド人の先生は
冒頭のように話しました。

当時の僕は鹿児島に
家を買おうとしていた
真っ最中でした。

なんだか自分を否定されたような
感覚すらしてきて

正直なところ不快感(怒り)と
困惑が浮かんできました。

★ーーーーーーーーーーーーー

「あなただって
結婚しているじゃないか!」

僕のかわいいエゴは
先生に向かって心の中で
叫びました。

でもそれと同時に

「家なんかを買おうとしている
自分はやっぱりヨガの道に
進むものとしては
ふさわしくないのかな。」

僕のかわいいエゴは
自分に対して罪悪感も抱きました。

いつもの僕ならば
先生に向かって直接質問する
ところなのですが

インド人の英語がよくわからず、
また当時は
インド人に対する謎の
恐怖心もありました。

そこで
日本人スタッフとして
僕らのことをケアしてくれていた
マスミさんに質問したのです。


「マスミさん

先生は執着を捨てろ
って言うけど
どうしたらいいの?

僕は家を買おうとしてるんだけど
これはダメってことですか?」

マスミさんは0.3秒くらいで
即答してくれました。

「あぁ執着ね、
捨てなくていいのよ。」

僕は耳を疑いました。

さっきインド人の
先生が言ったことと違う?

★ーーーーーーーーーーーーー
僕:「どういうことですか?」

マスミさん:
「だってさ、
執着を捨てようとしたら

今度は
“執着を捨てることに執着する”
ことになると思わない?

先生が言ったのはあくまでも

“ヨガの道を進んで行ったら
到達する状態”

のことよ。

ヨガをちゃんと練習していけば
結果的に、執着が捨てられた状態
になります。

でもそれも一時的なこと。

人間なんだから執着持つのは
当たり前でしょ?

だから執着持っていいのよ。

ただ、
自分が苦しくなったときは
ヨガをして結果的に執着を
手放した状態に
戻りましょうってことよ。」

★ーーーーーーーーーーーーー

この言葉に
僕は大きなパワーと希望を
もらいました。

家を買おうとしている自分を
責めることを止め

執着を持つ自分に
許可を出せたのです。

不思議なことに
執着を持つ自分に
意識的に許可を出すと

人生からどんどん
執着がなくなっていきました。

僕にとって執着をなくす
最善の方法は

“執着をなくそうと
しないこと”
でした。

今でも鮮明に覚えている
この場面。

マスミさんの語る言葉は
不思議とインド人の先生の言葉より
スムーズに入ってきて
しかも毎回腑に落ちるのでした。

もしあなたが何かへの
誰かへの執着で
苦しんでいるとしたら
思い出してください。

そして自分へ優しく
言ってあげましょう。

「執着、持ってていいよ。」

***

今日も最後まで
読んでくださって
ありがとうございました。

素晴らしい1日を
お過ごしください。

 

亀井 弘喜

category.

Copyright © 2024. kameihiroki.com. All rights reserved.
トップへ