Information

YouTube
開催中セミナー
お客様の声
Amebaブログ

メルマガ

沖縄3日目で花粉症が止まりました

2024年2月22日

メルマガ
おはようございます。
亀井弘喜です。

↓JoMoriyamaさんに
撮影してもらった写真が
出来上がりました

ーーーーーーーーーー
★今日の近況シェア
ーーーーーーーーーー

今日の日報です。

2/21(水)

AM6:30-7:00
YouTubeライブ

AM7:00-7:15
セミナー動画配信

AM7:30-9:00
早朝亀塾

AM10:00-11:30
午前亀塾

AM11:30-13:00
愛ちゃん・北ちゃん・
レオくんとランチ

13:00-15:00
北ちゃん・ゆりちゃん・
イチ・レオくんと
近所のパルコへ

15:00-15:30
仮眠

15:30-16:30
近所の堤防のゴミ拾い

17:30-18:00
沖縄の家⇒空港へ

18:00-19:40
那覇空港チェックイン
&空港で仕事(イマココ)

20:15-21:45
那覇⇒鹿児島空港

21:45-22:30
鹿児島空港⇒霧島の家

今は2月21日(水)19:27
那覇空港から書いています。

このあと20:05那覇発
21:25 鹿児島着の便で
飛び立ちます。

3日目の今日の日中から
花粉症の症状はほぼ
出なくなりました。

◉鼻で呼吸ができる幸せ

◉目が痒くない幸せ

◉喉が痛くない幸せ

1年前に決めた
花粉症の時期沖縄で過ごす
ビジョンが現実化したことを
感じた1日でした。

それでも今日明日は
鹿児島でセミナー
明後日は博多でセミナーです。

またそこでも花粉を
溜め込んで発症してしまうのか
どうか。

こればかりは
行ってみないと
わかりません。

明日も鼻と喉の
調子が大丈夫そうであれば
朝ライブしますので
リンク先を見に来て
くださいね。

動画配信のお知らせです。

【YouTube配信】
◉2/22(木)AM7:00-7:20かめちゃんの簡単ヨガライフLIVE配信はこちら

https://youtube.com/live/XkBDEsW2R4o

◉2/22(木)AM7:30-8:00ライフコーチかめちゃんLIVE配信はこちら

https://www.youtube.com/live/1VOY1zMwR0o?si=phyMlGOCipSsK4mm

◉2/22(木)AM8:00-8:15プレミア動画配信はこちら

【決断の極意】迷ったとき絶対に後悔しない方法とは?
https://youtu.be/QyS2jPYQRzw
(8分19秒)

先日更新のアメブロです。

ホームパーティのようなセミナーがしたかった
https://ameblo.jp/hkamei1978/entry-12841098713.html

 

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

↓↓↓

□■□—————————————
今日の学び:
2016年インド アーユルヴェーダ日記その4
<「気づいて」「感じて」「考える」>
□■□—————————————

※当記事は2016年に書いたものを
加筆修正しています

南インドにある
アーユルヴェーダ施設の
カフェから書いたメルマガ記事を
再校正してお届けしています。

ちなみに僕が滞在していた
施設のHPはこちらです。
http://kdham.com/

一般受付もしているみたいなので
英語ができる方はぜひ個人でも
訪れてみてください。

きっと人生が変わります。

★ーーーーーーーーーーーーーーーー
(アーユルヴェーダ4日目の日記)

昨日は
本当に辛かったです。

強烈な下剤を飲み、
AM10:00~PM16:45まで
計9回トイレに駆け込みました。

しかも1回あたり
すごい量の便が出るのです。

いわゆる宿便というのも
たくさん出ました。

全部が出切った17:00頃
お腹はすごくスッキリしました。

トイレをうまく分かち合った
ルームメイトのヨッシーと。

これは昨日のお昼ご飯。

そして夕方は今回お世話になっている
ジャグディシュ先生による講義。

通訳は僕の日本人のヨガの師匠マスミさん。

この講義では
とてもたくさんのことに気づきました。

最も大きかったのは

「気づいて」awareness

「感じて」feel

「考える」think

という順番が
大事だということ。

現代人のほとんどは

「考えて」think

「考えて」think

「考える」think

になっている。

感じる、というのも
「気づき」がないと
ただ不安やネガティブな感情に
とらわれてしまう。

まず最初に
「気づき」(認識)とともに
ありなさい、ということでした。

何に気づくか、
といえば

「自分は何者か」
ということです。

自分は何者か。

人類が古代からずっと
問い続けてきた問いです。

自分は何者か。

そのことについて
自信を持って

社会や他人や子どもたちに
語れる大人が
一体どれだけいるのでしょうか。

ヨガの道とは
この「自分は何者か」
という問いに対しての

答えを知るプロセスでも
あるのです。

2013年10月
僕はタイで
ヨガの修行に励みました。

あのとき体感した
「自分は何者か」という
問いへの答えの感覚。

それを知らないうちに
忘れていたようです。

自分が小さな
この肉体をまとった
制限ある存在だと思えば

世界は脅威になり
安心して生きるには何か
条件が必要になります。

お金はその最たる
ものでしょう。

でもお金すら
「自分が何者か」という
認識によって創り出される
結果に過ぎないのです。

自分が小さな、
制限ある存在だと思えば
お金もその通りになるでしょう。

自分は無限の
自由な存在だと思えば
お金もその通りになるでしょう。

大事なことは、どこまでいっても
「自分は何者か」という認識なのです。

時間(年齢)も
空間(場所)も
関係なく、この世界に偏在する
愛ある存在。

本当の自分を知れば、
目の前の小さな問題など
消滅します。

なぜなら
人生の問題とは
突き詰めていくと

「最悪死ぬだけ」

という結末に
落ち着くからです。

そして死ぬのは
僕たちそのものではなく
身に纏っている体の方です。

本当の自分を知るということは
死への怖れを克服することと
同じプロセスです。

僕は
もういつ死んでもいい
と思っているつもりでした。

でも今回アーユルヴェーダの
診断を受けてみて

自分の中に
こんなにも深い
怖れと不安があった
ということを知って
驚いています。

それは希望でもあります。

毎日満たされた人生を
生きていると思っていた僕に
まだまだ無数の不安と恐れがあった。

ということは
それらと無縁の人生になったとき
どれだけ満たされるのだろうと
思ったのです。

もちろん人間ですから
不安や怖れが0になることは
ないのでしょう。

でもこの
アーユルヴェーダの
体験後の僕は

不安や怖れにとらわれたとき
「自分は何者か」を
思い出せる速度が早まった
のではないかと感じています。

その姿をみて、
勇気が出たり、
行動できたり、
癒されたりする人がいたら
嬉しく思います。

今朝、宿舎を出て
トリートメントの場所に
向かう途中
牛が放し飼いにされていました。

牛たちは自由に
おしっこしたり草を食べたり。

牛飼いの人ものんびり
ぼーっと空を眺めていました。

インドから書くメルマガは
明日が最後になります。

★ーーーーーーーーーーーーーーーー
(アーユルヴェーダ4日目の日記終了)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

素晴らしい1日を
お過ごしください。

亀井 弘喜

category.

Copyright © 2024. kameihiroki.com. All rights reserved.
トップへ