Information

YouTube
開催中セミナー
お客様の声
Amebaブログ

メルマガ

【2040さんお話会回顧】1月1日の地震に政府が駆けつけない理由

2024年1月26日

メルマガ

おはようございます。
亀井弘喜です。

動画配信のお知らせです。
【YouTube配信】
◉1/26(金)AM6:00-6:30かめちゃんの簡単15分朝ヨガライフLIVE配信はこちら

https://youtube.com/live/9_ErZTAxl-w

◉1/26(金)AM6:30-7:00ライフコーチかめちゃんLIVE配信はこちら

https://www.youtube.com/live/TXk6kBWYOvs?si=3VdPPBpYkXW0j6t3

◉1/26(金)AM7:00-7:15プレミア動画配信はこちら

【即改善】今すぐエゴを黙らせる方法
https://youtu.be/73ZWPWYah9M
(5分55秒)

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

↓↓↓

□■□—————————————
今日の近況シェア:
□■□—————————————

1月25日(木)21:24
鹿児島から博多に向かう新幹線にて

今日もなかなか
ハードな1日だった。

AM6:00-6:15 ヨガライブ
AM6:30-7:00 トークライブ
AM7:00-7:15 セミナー動画公開
AM7:15-8:00 鹿児島空港へ
AM8:00-9:00 タクシーで市内へ
AM9:00-10:00 受講生の美容室でカットしてもらい
AM10:00-10:30 温泉に入って温まり
AM11:00-13:00 センターピース午前講義
13:00-14:30 ランチ休憩
14:30-18:00 センターピース午後講義
18:00-20:00 懇親会
20:00-21:40 鹿児島中央駅→博多
今ここ

ということで
朝6時から夜の21時まで
気の休まる瞬間がなかったような
1日を過ごしている。

そんな中でも
2040さんのお話会の
音声ファイルの売れ行きは
伸び続けていて

気づくと未読メールが
7,000件を超えている。

気が遠くなるような
気持ちになりながらも
すべてのメールに目を通して

みんなの感想を読んだり
購入時のメッセージを読んでは
励まされたり元気をもらっている。

2040さんのお話会の
振返りシリーズ。

1月1日の地震が
人工ではなく自然地震だった
として

政府関係者や
岸田首相がなかなか
駆けつけないのはなぜなのか。

意図的に見殺しに
するような狙いがあるのか
聞いてみた。

2040さんの回答はシンプルで

「どうでもいいんじゃないっすか」

というものだった。

表面的に聞けば
「なんてひどい!」

と憤りたくなる内容だが

冷静に考えてみると
16とかDSと呼ばれる人たちに
とって

それどころじゃないくらい
自分達の立場や権力を
勝ち取ることに意識を
取られているのだろう。

誰しも
自分の人生が充実していないとき
他人の人生まで面倒は
見ていられないものだ。

「百姓レボリューション」

という物語を読んだことがある。

日本に大地震がきて
経済が崩壊し物流も崩壊し
政治家は最終的に全員日本から
脱出してしまうという物語だ。

政治家に憤る国民も
その物語に登場するが

どれだけ憤ったところで
相手はいなくなってしまう
のだから仕方ない。

今の現実においても
それは同様で岸田首相に
どれだけ憤ったところで
それが本人かどうかも
わからないような世界なのだ。

最終的に他者は
いなくなる。

というか最初から
他者などいないのかもしれない。

今のうちから
わかっておいた方がいいことが
あるとすれば

「いざというとき
国や政府は自分達のことなど
助けてはくれない」

ということだろう。

そんなことは今に始まった
ことではなく

いつの時代も
「守ってもらおう」とする
被害者の立場の人間は

置き去りにされたり
見殺しにされたり
してきたのだ。

未曾有の異常気象が
起きたとき

守れるものは
自分と家族の身くらい
だろう。

そのことを肝に銘じる
ことができたという意味で
今回の政府がなかなか

駆けつけないという出来事は
少しだけ教訓と気づきを
もたらしてくれたのかもしれない。

自分の身を守るためには
2040さんは
二拠点生活をすることと

コミュニティを作っておくこと
所属しておくことを
あげていた。

僕自身も今年は
田んぼと畑を本格的に進めることと
できるだけ霧島にいることを
意識していきたいと思っている。

 

□■□—————————————
今日の学び:
最初から順調だったわけではない
□■□—————————————

以前Facebookでシェアした
Youtube動画の中で最も
反響が大きかった動画。

それが

「今の自分に100点をつける」

というテーマでした。

どうしても今の自分というのは
マイナスが見えてきて
しまうものです。

そしてそのマイナスは
どこから来るのかというと
「他人との比較」です。

僕で言えば、たくさんの
ハイパフォーマーがいる東京で

セミナー講師としてだけで
勝負しようとするとなかなか
劣等感の壁に勝てませんでした。

そこで「自分らしさ」という名の
特徴・強み・USPを見出す
ワークをしてみました。

例えば

①鹿児島と沖縄と
代官山の三拠点生活をしている

②鹿児島でヨガスタジオを
6年間経営していた

③12年間にわたって
センターピースを教えている

④元外資コンサルで
働いていた経験がある

⑤タイの山奥で1ヶ月間
ヨガの修行に励んだことがある

などです。

どうしてもそういう
特徴・強みが見つからない
という人もいるでしょう。

そういうときは
とにかく新しい環境や
新しい学びの場に
飛び込んでみることです。

僕で言えば上記の5つをするときは
どれも最初は大変なチャレンジでした。

①鹿児島と沖縄と代官山の三拠点生活をしている

→毎月三重家賃が発生している。
本当に家賃が払えるのか?という不安。

②鹿児島でヨガスタジオを経営していた

→経営を引き継いだ当初は
翌月の家賃や給料も払えない状態で
倒産や破産も覚悟した。

③12年に渡ってセンターピースを
教えている

→鹿児島でセミナー講師として
活動し始めた頃、半年間お客さんは
0、売上0だった。

本当にやっていけるのか
どうしようもなく不安だった。

④元外資コンサルで働いていた経験がある

→初の東京一人暮らしに加えて、
東大・京大卒などこれまでの人生で
見た中でも圧倒的に優秀な人たちに
囲まれて働いた。

英語もできなかったし、
コンプレックスまみれの日々だった。

⑤タイの山奥で1ヶ月間ヨガの修行に励んだことがある

→1ヶ月も仕事を休み、
家族を置いて大丈夫か不安だった。

ヨガのインストラクターとして
やっていくのかどうかも決めずに
旅立ってしまった上に、

修行仲間の中でダントツで
身体が硬くてポーズが
取れなかった

というような感じです。

最初から順調だったことなど
ほとんどありません。

それでもどんな試練も
乗り越えて今があります。

それぞれの試練が、
不思議なほど今の人生の幸せに
繋がっているように感じます

今となっては、
どれも価値のある挑戦だったと
思っています。

そして挑戦の日々は
終わることがありません。

今はTikTokやインスタなどの
ショート動画という新しい挑戦を
していたり

2月〜4月に渡り
沖縄と海外で暮らし
仕事を休むという挑戦を
しています。

これも毎日色んな葛藤や
課題を迎えていますが、

乗り越えた先には
これまでの人生と同じように
その先でしか味わえない幸せが
待っているのだと
確信しています。

あなたの挑戦も
今は順調ではない
局面かもしれません。

それでもあなたは
いつの日か軽やかに
それを乗り越えて

数年後には
それを笑い話に変えるか

そのときに挑戦している
誰かに役立つように
体験談としてシェアしているのです。

僕がセミナー講師として
求められ続けるためには

挑戦し続けることが
大切だと思っています。

そして人生とは
どんなことを成し遂げたとしても
また次の挑戦が待っているのです。

ゴルフは人生の縮図です。

どれだけいいショットが
あってもまたすぐ
次のショットがある。

バーディやパーなど
いいスコアで回れた
ホールがあったとしても
またすぐ次のホールがある。

90台とか80台とか
いいスコアで回れた
ラウンドがあったとしても
またすぐ次のラウンドがある。

何かを達成しては
すぐにそれがリセットされて
また新しい挑戦が待ち受けていること。

これが終わりなき
罰ゲームのように感じていた
こともあった思春期や受験期。

今となっては
この人生ゲームがエキサイティングな
ものであり続けるための

壮大な仕掛けというか
環境設定のように思えて
くるから不思議なものです。

ログインして
プレイしている人間の数だけ
挑戦が生まれている
この地球という舞台。

僕はまだまだ
たくさんのことに挑戦して

自分の世界を広げ
そしてたくさんの人に
その素晴らしさを
分かち合っていきたいと
思っています。


 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

亀井 弘喜

 

 

category.

Copyright © 2024. kameihiroki.com. All rights reserved.
トップへ