Information

YouTube
開催中セミナー
お客様の声
Amebaブログ

メルマガ

観念、書き換えます!

2023年10月28日

メルマガ

おはようございます。
亀井弘喜です。

【YouTube配信】
◉10/28(土)AM7:30-8:00ライフコーチかめちゃんLIVE配信はこちら

https://www.youtube.com/live/z1iwIluPbCU?si=LaF8_AdTCeZSnYWU

◉10/28(土)AM8:00-8:15プレミア動画配信はこちら

【人間関係リセット癖】友達が出来ても、いつも疎遠に…人間関係が続かない理由(人とのつながりって何?)
https://youtu.be/v6L2a-VPo3A
(11分18秒)

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

↓↓↓

□■□——————————
今日の近況:
□■□——————————

10月27日(金)21:06
新横浜から新大阪へ
移動中の新幹線にて

横浜のマンションに
戻ったのも束の間

TKPみなとみらい
に出勤して

ライフコーチ
マスター講座37期の
中級最終講を教えて

みなとみらいから
新横浜にタクシーで
移動して新幹線に乗って
新大阪へ向かっている。

今日教えていた
ライフコーチマスター
講座で

2つの印象的な
動画を見た。

1つは
ウエインダイアー博士と
エックハルトトールさんの
マウイ島での対談動画。

もう1つは
ダリルアンカさんが
バシャールをチャネリングした
動画だった。

どちらの動画も
僕の内側に大きな
力を与えてくれた。

どちらの動画も
メッセージは

「恐れるな」

「今を生きよ」

「あなたは偉大な
 存在そのものだ」

というような
内容だった。

とくに最後の
バシャールのメッセージが
鮮烈だった。

この世界とは
私たちの意識の
写し鏡のようなもので

私たちの意識の中にある
「観念」が現象かするのが
この世界だというのだ。

例えば
「金持ちはケチだ」

という観念を持っている人は

金持ちがケチだと
思うような場面を目撃したり
体験する。

そして
「やっぱり金持ちは
 ケチなんだ」

という観念を強化する。

「金持ちは寛大だ」
という観念を持ってる人は

金持ちが寛大だと
思うような場面を目撃したり
体験する。

そして
「やっぱり金持ちは
 寛大なんだ」

という観念を強化する。

観念は自分バージョンもある。

自分バージョンの
観念のことを
別名「セルフイメージ」
と言う。

例えば

「私は貧乏だ」

という観念を持っている人は

自分が貧乏だと
思うような体験をする。

そして

「やっぱり私は
 貧乏なんだ」

と観念を強化する。

「私はお金持ちだ」

という観念を持っている人は

自分がお金持ちだと
思うような体験をする。

そして

「やっぱり私は
 お金持ちなんだ」

と観念を強化する。

「この世界は2極化を
 避けられない」

と僕が繰り返し
言っている意味は
ここにある。

「見たいもの(観念)を
 現象化させて体験する」

のが

このバーチャルワールドの
正体だったのだ。

見たいもの(観念)には
肯定的なものもあれば
否定的なものもある。

否定的な観念のことを
僕が教えている
人間心理学「センターピース」
では「メンタルブロック」と
呼んでいるし

シータヒーリングでは
「思い込み」と呼んでいる。

なんと呼ぶかは
重要ではない。

それ(観念・メンタルブロック・思い込み)が

僕たちの現実世界を
創り続けているという
原理原則に気づくことが
大切なのだ。

例えばゴルフをしていて
うまく球が飛ばないのは
スイングが間違っている
からである。

そしてそのスイングは
100%自分が創り出して
いるのだ。

人生がうまくいかないのは

仕事やお金で苦しんだり
パートナーシップで
苦しんだりするのは

仕事やお金や
パートナーシップに
まつわる自分の観念が
間違っているからである。

正確に言えば
観念に間違ってるも
正しいもないが

「望む現実」に対して
「保持している観念」が
ズレているのだ。

そのズレている観念を
直接的に書き換える手段が
明日から教える
シータヒーリングである。

僕自身2012年に
シータヒーリングと
出会ってから

数えきれないくらいの
思い込みを書き換えてきた。

そしてそれに比例して
世界が優しくなったし
僕は豊かになった。

壮大な自作自演ゲーム。

その性質に気づいて
「自作」の部分を
望む通りに書き換えていく。

苦しむ体験ゲームも
悪くはないけど
そろそろ終わりにして

楽しい体験ゲームに
シフトする人を
サポートしたい。

この世界を
天国に変えるのは
宗教や政治ではない。

もちろん学校や
社会でもない。

この世界を
天国に変えるのは

私たち自身の
「観念次第」
なのである。

それだけ大事な
「観念」だが

その存在を
知られてもいないし

書き換える方法など
ましてや誰も知らない。

だけど今の時代は
例えばシータヒーリングや
センターピースや
個人セッションを通じて

いくらでも
書き換え可能な
世の中に変わっているのだ。

馬で移動していた時代
車が登場すると
みんな車に乗り換えた。

飛行機が登場すると
遠くの移動はみんな
飛行機に乗り換えた。

固定電話しかなかった時代
ケータイが登場すると
みんなケータイに
乗り換えた。

スマホが登場すると
みんなスマホに乗り換えた。

観念を書き換えずに
生きる術しか知らない時代が
最近まで続いていて

そして今は
観念を書き換える術が
登場したのだ。

馬から早く
車に乗り換えた方が
いいように

固定電話から早く
スマホに切り替えた方が
いいように

「観念を固定したまま生きる」
生き方から

「観念を書き換えて生きる」
生き方に早くシフト
した方が楽に豊かになる
ということを

僕は声を
大に言いたいのだ。

そんなシータヒーリングを
明日からまた大阪で
3日間教えてくる。

年末の横浜の
シータヒーリングも
3日間満席になった。

現在予定しているのは
年明けの鹿児島シータ
くらいである。

【シータヒーリング基礎DNAコース】
◉【鹿児島】【2024/1/3(水)〜1/5(金)】
https://resast.jp/events/864220

2024年は
セミナーをする機会を
少し減らす予定ではあるものの

変わらず
シータヒーリングも
センターピースも
コーチングも教えて

自作自演の
体験ゲームを
望ましいものに
変更していく人たちを

サポートし続けたいと思う。

今日のコール&レスポンスは

「観念、書き換えます!」

でいこうと思う。

具体的に書き換えワードが
思い浮かぶ人は

「私はお金がカツカツだ
 
 という観念を

 私はお金が溢れている」

に書き換えます!

といった具合に
力強く宇宙に宣言して
いただきたい。

きっとあなたの
宇宙は変わり始める
はずだ。

なぜならあなたが
創造主なのだから。

今日のコール&レスポンス:
「観念、書き換えます!」

□■□——————————
今日の学び:
「人はなぜ争うのか?」
□■□——————————

「誰に見られても構わない1冊の本のように生きなさい」

シータヒーリングの3日目に
ヴァイアナ語録というものを
みんなで読み上げる場面があります。

シータヒーリングの創始者である
ヴァイアナ・スタイバルさんが
よく口にしていた言葉を
まとめたものです。

その中の言葉で
僕が最も好きな言葉。

それが

「誰に見られても構わない
1冊の本のように生きなさい」

という言葉です。

逆に言えば
「誰かに見られたら困る」
ような生き方をしていたら

人生はどこかで
行き詰まってしまうと
いうことでもあるのでしょう。

例えばですが
僕は小さい頃に
母親の財布からお金を
抜いたことがありました。

あのとき、なんでかは
覚えていないけどお金が
欲しかったのだと思います。

生前の母親は気づいているのか
気づいていないのか
わからなかったけど
怒られることはありませんでした。

 

でも僕に残った記憶は
それで何を買ったか
ということではなく

「母親の見ていないところで
 悪事を働いた」という
罪悪感のような記憶でした。

(今でもこうして
思い出せるというのが
一つの証拠です)

では
「1冊の本のように生きる」
とはどういうことなのでしょうか。

きっと、母親に向かって

「○○を買いたいから
お金が欲しい」

と伝えることなのでしょう。

あるいは

「○○を買いたいから
お金をください」

とお願いすることかもしれません。

そうやってシンプルに
自分の望みやリクエストを伝える
ということをできなかった僕は

大人になってもお金のことを
家族や親しい人に頼ることに
抵抗を覚える人間と
なってしまったのです。

「でもお金をください
と言って、断られたら
どうしたらいい?」

という内なる声には
どう考えたらいいでしょうか?

それは

「そのときに考えればいい」

ということですし

「知恵を出せばいい」

あるいは

「一生懸命働けばいい」

ということでも
あるかもしれません。

歴代受講生の中には
お金がたくさん必要だったとき
バイトを8個掛け持ちしていた
という人がいました。

その人は今
お金から自由になっていて
とても豊かな人生を
送っているようです。

人生、正直に生きて
正面から向かっていけば
何とかなるものです。

 

「誰に見られても構わない
1冊の本のように生きなさい」

あなたの人生の
どの瞬間も1冊の本のように
素晴らしいのです。

 


最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

亀井 弘喜

category.

Copyright © 2024. kameihiroki.com. All rights reserved.
トップへ