Information

YouTube
開催中セミナー
お客様の声
Amebaブログ

メルマガ

2040さん対談「ヒントは身近なところにある」

2023年10月14日

メルマガ

おはようございます。
亀井弘喜です。

動画配信のお知らせです。

【YouTube配信】
◉10/14(土)AM7:30-8:00ライフコーチかめちゃんLIVE配信はこちら

https://www.youtube.com/live/Pscf3VWkMkc?si=DoOUqUvhTewgUsXV

◉10/14(土)AM8:00-8:15プレミア動画配信はこちら

あなたの望みが叶わない理由
https://youtu.be/0vQcpavWvSc
(7分20秒)

先日更新のアメブロです。

美術館のようなホテル
https://ameblo.jp/hkamei1978/entry-12822881694.html

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

↓↓↓

□■□—————————————
今日の近況シェア:
「ヒントは身近なところにある」
□■□—————————————

10月13日(金)19:45
金沢から東京に向かう新幹線にて

今日は朝から新幹線で
東京から金沢へ移動し

日中は金沢センターピース
72期初級コースの第三講を
教えて

懇親会に少し顔を出して
今は帰りの新幹線の車中だ。

2040さんとの対談から
2日が経過した。

また数千名の方が
音声ファイルを
購入してくれている。

僕自身も2040さんとの
対談音声を聞き直した。

波の音がとても
印象的な落ち着いた
素晴らしい音声ファイル
だと思った。

対談は
「巨人伝説」
の話から始まった。

きっかけは
対談を行った
「屋島(やしま)」
という場所だった。

そこは説明が
難しいのだが

山が途中で
真っ平に切られた
かのような

なんとも不思議な
形をしていたのだ。


↑屋島の写真

冒頭そのことを
2040さんに聞いてみた。

すると2040さんは
苦笑いしながら
「変ですよね〜」
と言った。

「まあ巨人とか
 ありますからね」

と続けて言った。

僕は冒頭から
何を言ってるのか
よくわからなかった。

続けて聞いてみると
どうやら
香川には巨人伝説が
あるらしい。

しかし日本に、
香川に巨人がいた
なんていうことは
学校では決して教わらない。

学校で教わるのは
あくまでも
「この2000年間」
の話であり

「この2000年間」
以前は無知で野蛮な
狩猟民族がいただけ
だと省略されてしまっている。

学校の教科書を
どれだけ意図を持って
編纂しようとも

屋島を一目見れば
人は疑問を持つだろう。

あの山は一体
なんなのだろうと。

それに対して
昔から伝わる
伝説が答えを教えて
くれているのだ。

「大事なことは
 口伝で伝わる」

と2040さんは
以前言っていた。

そういう意味では
地元に代々伝わっている
口伝の伝説は

思ったよりも
信頼に足る情報なのかもしれない。

ヒントは
身近なところに
転がっているのだ。

さらに2040さんは
海面上昇すら
何度も繰り返している
プロセスであり

60m上昇することくらい
そんなに大したことではない
とも言っていた。

地球の歴史が
10000くらい
の情報量だったとすると

僕たちが
認識しているのは
0.001くらい
なのかもしれない。

その断片情報だけを見て
すべてをわかったような
気になって
あれこれ言っているのだ。

長い旅路が
すべて三蔵法師の
手のひらの中で
起きていたという
孫悟空のようなものだろうか。

僕たちは
地球という三蔵法師の
中でほんの一部だけを
体験している存在なのだ。

そして全体を
把握することは
僕たちの役目ではないし
それはゲームの内容ではない。

ゴルフ場の
設計図を全部読み込む
必要はなく

僕たちは
用意された
ゴルフ場で

ゴルフを楽しむ
存在なのだ。

結論はいつも同じ。

「楽しもう!」

だ。

久しぶりの
コール&レスポンスは

「楽しもう!」

でいこうと思う。

□■□—————————————
今日の学び:
「あなたのキャパはまだまだある」
□■□—————————————

中井塾という経営塾に
参加していたときのこと。

講義の内容はもちろん
そこで出会う人たちが面白くて

自分の人生が大きく
動きそうだなと感じました。

講師の中井隆栄さんは
これまで1,000人を超える
卒業生を出してきた知識も
実績もある素晴らしい方です。

言葉の一つ一つに説得力があって
ライブでお話を聞くと
新しい気づきがたくさんありました。

その中でもっとも
衝撃的だった言葉。

それが

「みなさんのキャパは
まだまだありますから。」

というものでした。

何気なく言った
その言葉に僕の脳は
反応しました。

「まだまだキャパがある?
もう今の自分には時間が
足りなくて手一杯なのに…」

でもそのあと続く
お話を聞いているうちに
その意味が理解できました。

それは一言で言えば
「潜在意識をフル活用する」
ということだったのです。

潜在意識をフル活用すると
人間というのは信じられない
成果や結果を残す。

成功というのは
本人が自覚的な場合と
無自覚な場合があるかと思いますが
中井塾では「自覚的に」
潜在意識のフル活用を行っていくのです。

「今のみなさんからは
想像もつかないような
半年後、1年後が待っていますから
楽しみにしていてください。」

中井先生は
自信たっぷりに
そう言いました。

それは何人もの受講生を
見てきた実績からの
自信なのかなと思いました。

結果1年後
年商1,500万円くらいだった
僕のセミナー事業は
1億円になっていました。

総額100万円を超える
大きな自己投資だったのですが
賢い決断だったと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

亀井 弘喜

category.

Copyright © 2024. kameihiroki.com. All rights reserved.
トップへ