Information

YouTube
開催中セミナー
お客様の声
Amebaブログ

メルマガ

バージョンアップ!

2023年10月1日

メルマガ

おはようございます。
亀井弘喜です。


※新大阪のエニタイム行ってきました

動画配信のお知らせです。

【YouTube配信】
◉10/1(日)AM5:00公開 ヨガクラス動画はこちら
https://youtu.be/IVZ9jjMGdkE

◉10/1(日)AM8:30-9:00ライフコーチかめちゃんLIVE配信はこちら

https://www.youtube.com/live/Vdj9UxxBptw?si=PhkG8gCAhPw7L2rd

◉10/1(日)AM8:00-8:15プレミア動画配信はこちら

【もっと早く知りたかった】親が子供に与えられる一番大事なもの【ずっちー子育て対談 #3】
https://youtu.be/2d9AYQGmcI4
(7分34秒)

先日更新のアメブロです。

最高の仕事
https://ameblo.jp/hkamei1978/entry-12822164151.html

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

↓↓↓

□■□———————————
今日の近況シェア:
□■□———————————

10月1日(日)AM8:11
新大阪のホテルにて

昨日は横浜のマンションで
センターピースzoom61期を
開催し

新大阪まで
新幹線で移動して
新大阪のホテルにチェックイン
するなり

最寄りの
エニタイムフィットネスまで
25分歩いて

着いてから1時間筋トレして
ホテルに戻り
そこからヨガクラスを
20分撮影した。

セミナー
→筋トレ
→ヨガ

というルーティンは
今の自分にとても合っている。

あとは時差ボケが
だんだんと戻ってきて
早起きのサイクルが
戻れば最高だ。

(まだ夜がちょっと
眠い時間がずれていて
2:00くらいまで寝れない
日々が続いている)

最近この本を
読んでいる。

ピダハン——「言語本能」を超える文化と世界観-ダニエル・L・エヴェレット
https://amzn.asia/d/gyxNzDT

ピダハン族という
アマゾンで暮らす民族に
キリスト教の宣教師として

着任した著者が
最終的には
ピダハンの生き方に
魅了されて

キリスト教を
脱退してピダハンと
ともに暮らすという話。

YouTubeで
おすすめされているのを
見て面白そうだと
思い購入した。

ピダハンは
生き方も独特なのだが

それが言語においても
現れているのだとか。

言語の中に
過去や未来を
表す時制がないのだそう。

そして農耕をするという
概念もない。

結果、常に
今この瞬間を生きている。

さらに「子ども」という
概念もなく

3歳児がタバコを吸ったり
しても止めることなく
むしろ協力したり

6歳児が大人と同じように
アルコールを飲んで
酔っ払っていたり

9歳の女の子が
普通に成人男性と
イチャイチャしていたり
性的な行為をするのだそう。
(この話には嫌悪感を
示す人が多いと思うが)

現地に赴いた著者も
相当衝撃を受けたようだが

だんだんと
「人間本来の暮らしや
生き方とはなんなのか」

ということを
ピダハンを通じて
学んで行く姿が
とにかく面白かった。

人は自分の常識を
他人に当てはめて

それは良いとか
それはおかしいとか
判断している。

ピダハンは
そのような常識を
持たずただ
生きることに専念している。

結果ピダハンは
みんな幸せそうだという。

人生の認識の枠組みを
大きく変えてくれる1冊。

僕自身も今
大きくバージョンアップ
しているような感覚だ。

今日のコール&レスポンスは

「バージョンアップ!」

でいこう。

あなたは10月どんな
バージョンアップを
するだろうか。

僕はピダハン読んで
バージョンアップ!
していくつもりだ。

□■□———————————
今日の学び:
世界はあなたが表現するのを待っている
□■□———————————

最近、僕の周りで
自己発信をする人が
増えています。

ブログという形の人もいれば
メルマガという形の人もいます。

またブログもアメブロの人もいれば
noteの人もいます。

あるいはFacebookや
Twitterでつぶやく人もいます。

形式はなんでも構いません。

大切なことはその人が

「誰から頼まれたわけでもないのに」

「発信したいから発信する」

というのがポイントです。

鹿児島のある大学生(女性)は
僕の薦めでnoteにブログを
書き始めました。

すると、書き始めて数日
ある記事が地元の新聞記者の
目に留まり

そのまま新聞に
転載されたのです。

しかも本人はそのことを
友人から知らされた
とのことでした。

Facebookでその記事を
シェアしていた彼女の投稿を見て
僕はとても嬉しくなりました。

もちろん
世界中の全ての人が
自己発信すべきとは思いません。

もっと、優しいニュアンスで

「世界はあなたが表現するのを
 待っている」

ということを言いたいのです。

自己表現をするとき
人によっては怖れが
出てきます。

過去に自己表現をして
否定や批判をされた人ほど
その怖れは強く出るようです。

僕も今でもその怖れは
なくなりません。

メルマガはまだ少ない方ですが
ライブ配信などはかなり怖れが
出てくるのを感じながら配信しています。

それでも結果的にいつも
配信して良かったと思います。

「ライブ配信、いつも見ています」

「かめちゃんのファンです」

そんな風に
言葉をかけてくれる
人たちが現れる度に

「世界は本当に優しい場所だ」

ということが
また深く腑に落ちるのです。

勇気を出して
自己表現してみたものの
続かないということも
あるかもしれません。

でもそれの何が問題でしょう?

続かなくてもいいのです。

またいつでも始めたらいい。

僕はメルマガ
毎日書くと宣言しては
忙しくなって
書けなくなって

でもまた日が経つと書き始めて
ということを繰り返して
早8年が経ちます。

 

「毎日書くと言ったのに、
書いてないじゃないか!」

そんな風に
怒ってきた人間はただ一人。

内なる自分でした。

内なる自分に、
僕は優しく諭します。

「そうだよね。

 約束破ったような気がして怖いよね。

 また毎日書いてみようね。

 みんな君のことを待っているよ。

 みんな君のことを愛しているよ。

 だからそんなに怖がらなくて大丈夫。

 世界は君の表現を待っているよ。」

今日はこの辺で終わります。

今日も素敵な1日をお過ごしください。

亀井 弘喜

category.

Copyright © 2024. kameihiroki.com. All rights reserved.
トップへ