Information

YouTube
開催中セミナー
お客様の声
Amebaブログ

メルマガ

我慢の”他人軸”、自分勝手な”自分軸”、愛に溢れた”共存”

2023年4月22日

メルマガ

おはようございます!亀井弘喜です。

 

動画配信のお知らせです。

 

◉4/22(土)AM7:30-8:00ライフコーチかめちゃんLIVE配信はこちら

https://www.youtube.com/live/mJvk3iQVHw0?feature=share

 

◉4/22(土)AM8:00-8:15動画配信はこちら

【多くの人が知らない】『夢実現』に必要不可欠な2大要素(前編)

https://youtu.be/p8jdioBHre4

(12分28秒)

 

 

今日のメルマガです。
どうぞご覧ください。

↓↓↓

 

 「我慢の”他人軸”、自分勝手な”自分軸”、愛に溢れた”共存”」

 

センターピース(開発者:犬飼ターボさん)では、
人間の「あり方」を3ステージに分類しています。

・他人軸

・自分軸

・共存

です。

これらのあり方に良い悪いはなく、
単純に無意識で出ている欲求の種類の違い
として認識するのです。

他人軸というのは、
「〜して欲しい」という欲求が
出ている状態です。

・認めて欲しい
・褒めて欲しい
・肯定して欲しい
・応援して欲しい
・愛して欲しい
・何かを買って欲しい

というようなもので、
誰もが子供時代に体験する欲求です。

この欲求を健全に認めてあげると、
人は次に「〜したい」という風な
欲求が出てきます。

これが自分軸です。

・自分を認めたい
・自分を褒めたい
・どんな自分も肯定したい
・どんな自分も応援したい
・自分で自分を愛したい
・何かを自分で買いたい

というようなもので、
いわゆる「自立」した大人は
上記のような欲求へと変化します。

そして自分自身の欲求も満たせるように
なってくると、

最後には、他人や社会に「与えたい」
「〜してあげたい」という欲求が
出てきます。

・認めてあげたい
・褒めてあげたい
・肯定してあげたい
・応援してあげたい
・愛してあげたい
・買ってあげたい

これは子供のいる親であれば、
誰しも抱く欲求でしょう。

子供が生まれると、親というのは、
ある程度強制的に「共存」のあり方が
求められるようになっていくのです。

◇◇◇

センターピースの体験会には、
さまざなま成長段階の方が
いらっしゃいます。

多くは、

・他人軸
・自分軸

のどちらかです。

2011年、初級を受けたときの
僕のように人間関係やパートナーシップで
苦しんでいたり、

親との関係が良好でなく、
他人の目を気にして生きている人は
「他人軸」の状態で体験会に来ます。

2012年、中級を受けたときの
僕のように起業していたり、
ある程度人間関係やパートナーシップ、
親との関係が良好になり、

他人の目を気にせずに生きている人は
「自分軸」の状態で体験会に来ます。

ただ、どちらの場合も、
人生では問題が生じることがあるのです。

◇◇◇

他人軸というのは、
「我慢」をしていることが多く、

結果、ストレスや不満を溜め込みます。

溜め込んだストレスや不満が
自分に向けられれば、自分責めに転じます。

ひどい場合は僕のように
うつ病と診断されるところまで
いってしまうでしょう。

溜め込んだストレスや不満が
他人や会社や社会に向けられれば、
他人責めに転じます。

いつもイライラして、
怒ってばかり、という状態は
そこから生まれていくのです。

◇◇◇

自分軸というのは、
「自分勝手」であることが多く、

自分は楽しいのですが、
周囲の人たちがストレスと不満を
感じていきます。

やりたいようにやっているだけなのに
他人にいちいち不満を持たれるので

理由のわからない軋轢を
生んでいってしまうのです。

また自分軸が強い人というのは、
周囲の人からすると、

「この人には何を言っても
ダメだろうな」

という諦めを感じさせてしまうことが
多いため、結局誰からも指摘されない、
というパターンになっていくのです。

誰からも指摘されないそのパターンは、
いつか出来事となって、他人や社会から
気づかせてくれるようなことが
起きてくるのです。

ちなみに、僕自身も散々経験しましたし、
起業・独立をした人は多くの場合
この「自分軸」ステージを通過するようです。

◇◇◇

我慢する「他人軸」。

自分勝手な「自分軸」。

面白いことにこの2つのあり方は
相性が良いのか、引き寄せ合うことが
よくあります。

◉気に入らないことがあると
すぐ怒鳴ったり暴力を振るう夫(自分軸)

◉そんな夫や状況が嫌なのに、
逃げずに耐え続ける妻(他人軸)

という風に、
DVの問題などはまさにこれですし、
それ以外にも

◉自分は仕事をしないで、
部下に仕事を押し付ける上司(自分軸)

◉本当は嫌なのに、頼まれると
仕事を断れない部下(他人軸)

 

のように職場でも生じることが
あるのです。

◇◇◇

センターピースでは、
他人軸も自分軸も否定しません。

むしろ、そのあり方で
ここまで生きてきたことを
ねぎらいます。

その上で、
それらの欲求を健全に
満たしていくことで、

本当に幸せに成功するためのあり方
「共存」へと成長する方法を教えています。

共存のあり方というのは
なかなか説明が難しいのですが、

一言で言ってしまえば、

「社会や他人と調和して生きている
愛に溢れた人」

ということです。

社会や他人を自分の一部のように
感じているから、

社会や他人をよりよくしたいと
思うのです。

そして自分自身を心から受け入れ、
愛し、大切にしているのです。

◇◇◇

あり方というのは人生の土台です。

土台が愛に溢れた共存になれば、

・仕事
・ライフワーク
・パートナーシップ
・人間関係
・子育て
・お金
・健康
・SEX

など人生のいろんな分野が
愛に溢れた素晴らしい体験へと
変化していくことでしょう。

実際僕自身はこの素晴らしい共存の
世界を体験し、

その喜びを社会に広めたいと思って
センターピースを教える活動を
しています。

他人軸を卒業し、
自分軸を卒業し、
共存の世界へ。

あり方には、
年齢も立場も収入も関係ありません。

気づいた人、
そして行動した人から
順番に変わっていくのです。

◇◇◇

いかがだったでしょうか。

体験会でお伝えしている
他人軸・自分軸・共存について
メルマガ読者のみなさんにも
お伝えしてみたくて

解説をしてみました。

もし自分にも当てはまるとか、
どうしたらあり方を成長させられるのか?
など質問や感想がありましたら、

ぜひご返信くださいね。

(※質問内容は、匿名にして、
公開させていただくことがありますので
予めご了承ください)

◇◆◇◆◇◆

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。

素晴らしい1日をお過ごしください。

亀井弘喜

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

<参加受付中のイベント一覧>

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【お話会・歌謡祭・ブロック解放祭り】

◉【赤坂】【4月22日(土)18:00-20:00 赤坂歌謡祭】

https://resast.jp/events/793325

 

◉【赤坂】【5月27日(土)18:00-20:00 赤坂歌謡祭】

https://resast.jp/events/793327

 

◉【東京】【6月1日(木)16:30-19:00 かめちゃん・かろちゃん落語付きコラボお話会】

https://resast.jp/events/789686

 

◉【東京】【7月6日(木)16:30-19:00 かめちゃん・かろちゃん落語付きコラボお話会】

https://resast.jp/events/804256

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【人間心理学講座センターピース】

◉【鹿児島】【2023年4月27日(木)スタート】

https://resast.jp/events/762118

 

◉【金沢】【2023年8月11日(金)スタート】

https://resast.jp/events/772237

 

◉【大阪】【2023年10月1日(日)スタート】

https://resast.jp/events/801985

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【ライフコーチングマスター講座】

◉【名古屋】【2023年6月7日(水)スタート】

https://resast.jp/events/778414

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【シータヒーリング基礎DNAコース】

◉【仙台】【2023/8/15(火)〜8/17(木)】

https://resast.jp/events/807057

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

<シータヒーリング応用DNAコース>

◉【東京】【2023年8月29日(火)〜8月31日(木)】

https://resast.jp/events/782646

 

◉【名古屋】【2023年11/20(月)-11/22(水)】

https://resast.jp/events/800972

 

シータヒーリング基礎DNAコースを修了した方のみ対象となりま

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

category.

Copyright © 2024. kameihiroki.com. All rights reserved.
トップへ